ミネラソとは

その
1

ミネラソって

ミネラソってご存じですか?

ミネラソは阿蘇で育まれた高純度の天然100%ミネラルです。
成分の約70%が鉄分で、その他、多数の微量ミネラルが含まれています。

ミネラソってどうやってできているの

ミネラソは、阿蘇カルデラで生成された自然由来のリモナイト(鉱物名)を原材料としています。

リモナイト生成の様子

阿蘇は30万年前から4度に渡り大噴火を繰り返しています。この噴火によりカルデラの中に大きな湖(火口湖)が生まれ、長い年月をかけてゆっくりと干上がりました。様々な成分がカルデラの中に浸透、高純度の鉄分・ミネラルが結晶化し、堆積したものが『リモナイト(鉱物名)』です。地層となった『リモナイト(鉱物名)』を採掘し、3年以上の熟成の末、生成を行い、ミネラソができあがります。

ミネラソ生成の様子を再現してみよう!

阿蘇の湧水をコップに一杯汲み、数日放置すると結晶化されたミネラル分が沈殿します。
それを乾燥させ、3年熟成させると、ミネラソが完成します。

汲みたての阿蘇の湧水⇒数日間放置すると結晶分が沈殿⇒乾燥⇒3年間熟成

 

 

高純度のミネラルって言うけど、本当ですか?

タンニン鉄実験

阿蘇の湧水にお茶を注ぐと、透明だった水が一瞬で黒色に変化します。これは湧水に溶け込んだミネラソの成分(主に鉄分)と、お茶に含まれるタンニンが結合し、タンニン鉄という物質に変化するからです。

製品

MSミネラソ製品見本<br/>20kg/1袋
拡大
MSミネラソ製品見本
20kg/1袋
こっこミネラソ製品見本<br/>2kg×4袋/1箱
拡大
こっこミネラソ製品見本
2kg×4袋/1箱

原材料

乾燥黄土

 

 

成分表

一般成分

一般成分

水分

13.80%

灰分※

74.80%

炭水化物

10.60%

粗蛋白質

0.60%

粗脂肪

0.10%

※灰分(ミネラル)の成分

Fe₂O₃

69.08%

リン

P

0.09%

カルシウム

CaO

1.49%

マグネシウム

MgO

0.51%

ナトリウム

Na

0.02%

珪酸

SiO₂

13.7%

カリウム

K

0.20%

マンガン

Mn

0.03%

イオウ

S

0.58%

アルミニウム

Al₂O₃

2.76%

 

 

 

関連コンテンツ