女性活躍推進法ならびに次世代法に基づく一般事業主行動計画

全ての社員が能力を充分に発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

令和元年12月1日~令和4年3月31日

 

2.当社の女性活躍推進上の課題

  ①社員(技術職・営業職)に占める女性社員の割合が低い。

  ②女性社員の配置部門・職種で偏りがある。

  ③技術系社員を中心に採用募集をしているため、女性の応募者数が少ない。

 

3.目標と取り組み内容

目標1:これまで女性社員(技術職・営業職)の配置が少なかった部署に、新たに女性社員を3名以上配置する。

令和元年12月~

女性社員を配置する上での課題を把握し、配置方針を策定

令和元年12月~

女性社員の教育方針を策定

令和 2年 1月~

配置方針・教育方針に基づく女性社員の配置を実施

令和 2年 6月~

女性社員への研修・交流会を実施し、情報共有ができるネットワーク形成支援を実施

目標2:女性社員の採用方針を策定し、積極的に女性の採用を行う。

令和元年12月~

女性社員の採用方針の策定および採用基準の見直しを実施

令和 2年 2月~

採用方針に基づく採用活動の実施

令和 2年 4月~

女性の応募を増やすため、募集方法・求人案内等の掲載内容を見直すとともに、当社Webサイトにおいて女性社員の活躍を紹介

目標3:働き方改革推進により総労働時間の削減を図る。

令和元年12月~

所定外労働に関する要因分析、是正策の検討

令和元年12月~

ノー残業デーの実施

令和元年12月~

電子掲示板や研修等を活用した社員への啓蒙

令和 2年 6月~

管理職を対象とした研修の実施

目標4:全社員が子育てを目的とした休業を取得しやすくするための制度の周知、および育児休業取得と

              継続就業を促進する。

令和元年12月~

電子掲示板などによる社員への社内制度の周知

令和 2年 6月~

育児休業を取得しやすい社内環境づくりのための管理職を対象とした研修の実施

 

・女性社員:育児休業取得率90%以上を維持する

・男性社員:育児休業制度の周知・取得促進を図る

                                                               以 上